特撮作品は重い問題提議も無く爽快感が大きな魅力であり、日本の作品もエンターテイメント性は富にある存在です。

舞台にはない特撮映画の楽しみ
New Topics
舞台にはない特撮映画の楽しみ

特撮作品は爽快感が大きな魅力

特撮作品を見ることは趣味の一つとしてありますが、その魅力は現実を超えたストーリーであり、特撮ならではのアクションシーンであると言えます。何より特撮には、例え重厚なストーリーがありましても、妙に気分が重たくなる重だるい問題提議がほとんどないことも大きな魅力です。これは遊園地の乗り物に例えましたら、ジェットコースターに相当する爽快感が味わえます。特撮作品は、そんなエンターテイメント感溢れる映像作品です。

日本作品での特撮では、主軸にヒーロー物があります。これは視聴のメインターゲットが子供ではありますが、大人が視聴しましても別段不足はありません。最近の特撮はCGもふんだんに使用されることもありますので、結構な迫力があります。また大人になりますと、大人から見た視線で物語を追いますので、別の面白さもあります。それに日本の特撮は、アメリカのハリウッド映画に影響を与えたことが幾度もありますので、エンターテイメントと致しましては、日本の特撮も決して子供向けと一言では言えません。一方、特撮シリーズは昔から格好良い俳優さんが演じることが多く、現在ではそれがより顕著になり、特撮ヒーローショーでは子供よりも、若いお母さんに人気があるという現象も起きています。

Copyright (C)2017舞台にはない特撮映画の楽しみ.All rights reserved.