幼い子供にとって特撮とはどんなものなのか、誰もが気になるヒーローや悪者の中身を簡単に纏めました。

舞台にはない特撮映画の楽しみ
New Topics
舞台にはない特撮映画の楽しみ

誰もが気になる特撮の裏側

特撮といえば幼稚園から小学校低学年位の男の子がはまっている、ヒーロー戦隊ものではないでしょうか。SFXという特殊撮影技術を使って作品をつくります。日本では戦後まもなく海外からの影響で特撮映画が撮られ始めました。近年ではCGの技術の進化により「スーツ」を着ての撮影が減ってきました。日本の独自の文化としてこの特撮を保護して存続させようといています。

特撮は子供だけではなく大人にも好きな人がいます。近年では特撮の若い俳優さん目当てに見ている女性も多いそうです。正義のヒーローと悪者がハッキリしていて、最後はヒーローが勝つという設定も子供にはわかりやすいのでしょう。所々コミカルなシーンもあり子供も笑ってみています。ドラマに準じて変身セットなどの玩具も売り出されているため、子供もヒーローになりきれます。将来の夢を聞かれて、特撮のヒーローをあげる子供も少なくありません。特撮に欠かせないのはスーツアクターです。怪人やヒーローの「スーツ」に入ってアクションをする人です。演技の他にもアクションもこなさないといけないため、一般的なスタントマンよりも厳しい仕事になります。こうした縁の下の存在の人々のおかげで子供たちも夢がみられるのかもしれません。

関連サイト

Copyright (C)2017舞台にはない特撮映画の楽しみ.All rights reserved.