特撮は特に現在中年の方にファンが多いのですが、それが昂じて趣味としている人も多いのです。どんな魅力があるのか。

舞台にはない特撮映画の楽しみ
New Topics
舞台にはない特撮映画の楽しみ

特撮を趣味にしている人たち

特撮は特に中年世代の人にとっては若いころの思い出を思い起こさせるようで非常に人気があります。そのため、なけなしの小遣いを使って特撮の機材を自分で購入し思い出の名場面を再現したりと色々なサークルを作って思い思いに楽しんでいるといった人が増えていて、特撮人口の多さを思い起こさせます。一体特撮のどういった点が人々を駆り立てるのでしょうか。

特撮の面白さの一つが表現の多様さです。今ではCGでなんでも出来るようになりましたが、特撮には特撮ならではの制限があり、どうしても出来ない表現があります。だからこそ、独自の撮影テクニックや表現力が問われるのです。CG万能の時代ですが、現在の映画の世界でも特撮に回帰する気配があり、それもこういった特撮の表現力に目覚めてのことなのです。また特撮は低予算で映画を作る時に多用されます。独自の工夫でCG並みのものを作り上げるといった正に手作りの麺があり、こういった世界に一つだけの特撮が注目を集めているのです。日本には世界に誇れるだけの特撮文化があり、特に怪獣映画で培った特撮の技術はいまだに世界一です。そんなこともあり、ノスタルジックな特撮は今ではハリウッドの世界でも見直されてきているのです。

Copyright (C)2017舞台にはない特撮映画の楽しみ.All rights reserved.