特撮技術がないと観る人も興味を覚えなくなります。それだけ現在は奇想天外な映像を好み、そして技術が必要なのです。

舞台にはない特撮映画の楽しみ
New Topics
舞台にはない特撮映画の楽しみ

特殊撮影方法としての特撮

特殊撮影、略して特撮の技術は現在ではドラマにしても、映画にしても欠かせない撮影方法の一つとなっています。つまりは特撮と言う技術がないと視聴率や集客にも及んでくるからです。人は何より今までにないものを観たがると言う特性があるものです。現実的には有り得ない出来事が特撮の技術によって観る事が出来る訳ですから、観る人によっては、興味をそそられると言う事になる訳です。特に映画でしか表現できないと言う場合もあるのです。例えば、宇宙をイメージしても、宇宙に漂う宇宙船を表現しようとすれば、それだけで特殊撮影の技術が必要になって来ます。コンピューターを駆使して画像を作り、その上に、今度は人間を撮影し構成する必要があるのです。

そして、宇宙上の戦闘シーンとなれば、それだけでかなりの特撮技術が使用されると言う事になります。一つの壮大な舞台の中に、小さな人間がいると言うシーンも画像を幾つも組み合わされ、総合的に一つの絵として描写されると言うのが特撮なのです。たかが数秒の画像に長時間を掛けての特撮技術が生きていると言うのが現在のスタイルです。もちろん、その特撮が必要となるためには原作が如何に奇抜でなければならないかと言う事も重要な材料となるのです。単に特撮技術があると言うだけでなく、特殊撮影をするためにはその源となる原作や脚本なども重要となる訳なのです。

関連サイト

Copyright (C)2017舞台にはない特撮映画の楽しみ.All rights reserved.