特撮がなければドラマや映画などは撮影が困難な時代です。技術は進歩しています。非現実的な場面を作るのです。

舞台にはない特撮映画の楽しみ
New Topics
舞台にはない特撮映画の楽しみ

想像を基に撮影する特撮

大凡、現実の映像ではない特別な技術や機材を駆使して撮影する事を特撮と呼んでいます。その殆どがドラマや映画などで使用される場合が多いです。目の前に実際に存在する事などないものをストーリーとして成立させなければならないがために、そのために特別に撮影する事を言うのです。例えば人間が空を飛ぶと言う非現実的な事を特撮ではやってのけると言う訳です。また、人間の力では到底出来ない事を特撮では可能になるのです。例えば、人間が飛行機よりも早く飛べると言う事など不可能なのですが、そういうストーリーを特撮では可能にし、その物語を見る人に好奇心や興味を持ってもらう事が出来ると言う訳です。

スーパーマンと言う世界中のヒーローがいたとします。そのヒーローが空を飛ぶ、または宇宙をマントを広げて飛び回ると言う場面は、特撮を駆使して、あたかも空を飛び、そして宇宙を遊泳すると言う映像を作り上げる事こそ、特撮ならではの撮影技術となるのです。逆の発想で言えば、今や特撮がなければ、ドラマや映画などの非現実的な作品は制作出来ないと言う事にも成り得るのです。人間がロボットより早く移動出来たり、大型タンカーを持ち上げたりと言うシーンがあるとしますが、こういう非現実的な場面は特撮でなければ成しえない技術となっているのです。または様々な画像を組み合わせて一つの画面に作り上げると言うのも特撮の技術の一つです。

関連サイト

Copyright (C)2017舞台にはない特撮映画の楽しみ.All rights reserved.