特撮は決して子供向けだけではなく、大人向けにも作られています。その理由は恐怖や高度な演出やセットにあります。

舞台にはない特撮映画の楽しみ
New Topics
舞台にはない特撮映画の楽しみ

特撮の大人向けな側面

ライダーものやレンジャーものなどの特撮ヒーロー物は昔の時代から、子供たちに愛されていますよね。それはもう、広い世代に愛されています。しかし、中には大人になってもまだ特撮を愛し続ける人も多いです。それは、決して感性が子供のままであるという訳ではありません。やはり、それには大人さえも惹きつける魅力があるのです。今日は、そんな特撮について記したいと思います。

まず、初めに大人たちが子供向けの特撮を楽しんでいる、という訳ではないことをご理解ください。これって、一見どういう意味か分かりませんよね。普通、特撮は子供向けに作られている物であると思うはずです。しかし、実は多くの特撮は大人向けに作られているのです。実際、子供の時分に見た特撮もので、ぞっとするような怖いシーンなどを見かけた記憶はありませんか?中にはそれがトラウマになってしまっている人も少なくは無いようです。とても、子供向けのアニメでは、持ってはいけないような深く悲しい過去を持った主人公が記憶に残っていませんか?やけに作りこんである、アクションであったりセットであったり、それらが印象に残りませんでしたか?それらは全て大人向けにも作られているからである、と言われています。

以上、大人向けの特撮についてでした。中には見たいけれど恥ずかしい。と言う方もいるかもしれません。けれども、少しも恥ずかしい事ではないので、勇気を出してみてみましょう!

Copyright (C)2017舞台にはない特撮映画の楽しみ.All rights reserved.