特撮とは、想像や現実には有り得ない出来事をリアルに特殊な撮影方法により映像化する技術の事を言います。

舞台にはない特撮映画の楽しみ
New Topics
舞台にはない特撮映画の楽しみ

神秘的な感覚表現の特撮

いわゆる特撮と言うのは、特殊撮影と言われる撮影の技術です。その場所に存在するはずのない物体をあたかも存在しているかのように撮影する技術とも言えます。または、全くは想像する場面を創作しての画像をそのまま映像すると言う事にもなります。最近では一台の車が大きなロボットに変身して、自由自在に動き回ると言う映画もありますが、これは全て特撮によって撮影されて完成されたものなのです。または大掛かりなスケールを必要とする映画としては地球が滅びると言う映画の場合も、宇宙からの侵略や自然災害による地球が滅びゆく様を描くにしても、実際には起こり得ない事を様々な空想された画像や想像された画像を作りだし、それを映像技術として完成させるのです。

もちろん、物語の展開上でそういう有り得ない情景を作り上げてスケールの大きな、壮大な場面を作り上げると言うのが特撮となるのです。海外の映画で外国の摩天楼が次々に波に呑まれるシーンなどは、特撮でしか映像化できるものでないのです。つまり現実に起きうることの根拠がないものを想像しての画像作成し、それを映像化している訳なのです。全てコンピューターから創り出され、動画として完成され、それに人間の動きもその映像に合わせて動きを撮影する事になりますから、その映像は現実を思わせるほどの迫力感が伝わる事となるのです。

Copyright (C)2017舞台にはない特撮映画の楽しみ.All rights reserved.