特撮が使用されると言うのに映画があります。特殊技術での撮影方法が多く使用され、非現実な世界を創作しています。

舞台にはない特撮映画の楽しみ
New Topics
舞台にはない特撮映画の楽しみ

表現力豊かな映像の特撮

特撮が一番良く使われると言うのが映画です。近年では、現実的なストーリー以外にも、空想的、また非現実的な物語を一般は好むためにも、単にカメラで撮影して、そのままの映像だけでは観る人の目も満足できないようになってきているのです。そのために、空想の世界、そして架空の世界を特殊技術での撮影で映像化した作品が多く好まれる時代となっているのです。人が簡単に空を飛ぶと言う場面も特撮によって創り出され、そして人が過去の時代、そして未来の時代、または全く異なる世界に入り込んで活躍すると言う物語に使われるシーンも多くが特撮の技術でなければ成しえない技術となっているのです。

その特撮でさえもカメラやコンピーュタがなければ成しえない技術です。しかも、カメラとしても一台のみならずも複数のカメラを駆使し、様々な角度から撮影して、微妙な部分までも撮影可能としている部分が特撮であればこその成し得る技でもあるのです。しかも、特撮の場合は、様々な分野までも奥深く浸透すると言う場合があります。医学でも化学でも科学としても、その根拠がなければ作品になる事はないのです。原因と理由、そして結果に基づいての特撮であるからこそ故に、その映像が現実味を帯びた映像として生かされると言う事になるのです。映画で使われる車や船、または多くの乗り物が破壊されると言うシーンは特撮でしか成り得ない部分のあるのです。

Copyright (C)2017舞台にはない特撮映画の楽しみ.All rights reserved.