現実には有り得ない出来事や、格闘技や戦闘機の戦いなど、多くのこの世には存在しない事を映像化するのが特撮です。

舞台にはない特撮映画の楽しみ
New Topics
舞台にはない特撮映画の楽しみ

想像した画像を映像化する特撮

現実には実現できない事柄や出来事を創作、または制作して画像化し、また映像化する事を特撮と言います。その画像化や映像化は無限も言って過言ではないと思います。この世には存在しないものまで画面上に表現する事になる訳です。過去と未来に起きている事を映像化すると言う事も特撮になります。そして、人間がその能力自体では不可能な能力を持つと言う場合にも特撮として映像化される訳です。人間が建物より高く飛んだり、跳ねたりする事や迫力ある格闘技などにも多く特撮は使用されるのです。人間技では成し得ない事も特撮であれば、それが可能であり、その特撮が出来るからこそ、映画としてのヒーローやヒロインが創り出されるのです。

映画の中で自然現象や戦闘機の戦いなども同じです。惑星が地球上に現われるシーンや、宇宙人が地球上に現われて、その場が混乱する状況なども特撮ならではの技術によって映像化される訳です。戦闘などの場合も、爆弾が落ちて焼け野原になるなど、人間が特殊な能力を持ち敵と戦うシーンなどにも、複雑なストーリー構成によって、特撮が使用され、物語が展開されている訳です。この世には存在しない動物に人間が跨り空を飛びまわるシーンや魔法として繰り出される展開なども特撮であれば成せる技術によって仕上げられと言う事です。様々な画面を一つの画面として仕上げ、それが物語には必要であるが故に、創り出される画像、映像であるのです。

関連サイト

Copyright (C)2017舞台にはない特撮映画の楽しみ.All rights reserved.